更年期障害

イソフラボンでガン予防が出来るというのは本当?

女性ホルモンのエストロゲンは、女性の健康や美容を大きく左右するものです。
このエストロゲンと似た働きを持っているのが大豆などにたくさん含まれているイソフラボンです。
年齢を重ねることでエストロゲンは減少していくので、年齢を重ねることで起こる女性特有の病気にもイソフラボンは有効です。

また生活習慣などによってもエストロゲンのバランスは崩れるので、そのような女性にも効果的に働いてくれます。
サプリメントや食品からたくさん摂取している女性は、女性特有の病気や生活習慣病、さらにガンにもかかりにくいとされています。
イソフラボンの摂取量が多い女性は、特に子宮がんの発症率が低いのです。
これは実際に行われた実験や調査によって分かっていることです。

大豆に含まれているイソフラボンは、大きく分けるとアグリコン型イソフラボンとグリコシド型イソフラボンの2種類になり、その中のアグリコン型は、さらにダイゼイン、ゲニステイン、グリシテインの3種類に分けることが出来ます。
この中のゲニステインが子宮がんや乳がんの予防に役立ってくれるのです。
カラダの中でガンが増殖していく際には、細胞内のたんぱく質を使っています。

イソフラボンのゲニステインは、ガンが増殖する際に利用するたんぱく質にアプローチしてくれて、ガンが体内で増殖するのを防止してくれる優れた働きがあるのです。
ガンになるのは、ガン細胞は体内で無限に増殖することによって、人間のカラダが侵されていく病気ですが、このゲニステインのおかげでがん細胞がそれ以上増殖するのをストップすることができるのです。
人間にとって非常にコワイ、ガン細胞ですが、実は誰にでも存在しているものです。

しかしナチュラルキラー細胞という抗体があるために浄化されているのです。
この抗体は、年齢にとってその数が減っていき、ガンの発生率も高くなるのです。
毎日の食事で大豆製品を多く摂ることや、サプリメントを飲むことはガンの予防、そして健康なカラダ作りに役立ってくれます。

さらにイソフラボンには抗酸化作用も優れているので、これががん予防http://www.kutaways.com/09.htmlにもつながります。
そして女性に多い乳がんにも効果があります。
女性ホルモンが体内で増加することで乳がんが発生しやすくなるのですが、イソフラボンには、過剰に分泌された女性ホルモンを抑制する作用もあるのです。
女性ホルモンのエストロゲンに似た作用のあるイソフラボンは、女性ホルモンのバランスを取ってくれる働きもあるのですね。
なので、お肌にも良いです。イソフラボンでお肌のスキンケアが出来るなんて嬉しいですね。

Copyright(C) 2013 健康維持に欠かせない成分 All Rights Reserved.