更年期障害

一日にどのくらい摂取したら良いの?

大豆に多く含まれているイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きがあるために、女性特有の病気の改善や予防、そして女性の美しさをサポートしてくれるなどの嬉しい効果が期待できます。
年齢とともに女性ホルモンの分泌量は減っていきますし、また生活習慣やストレスなどでも女性ホルモンのバランスは崩れるので、女性のカラダにはさまざまな不調となって現れてきます。
代表的なものとしては、加齢による女性ホルモンの減少で、更年期障害になりますし、女性ホルモンのバランスが崩れることで、生理不順になったり、肌トラブルが起こったりします。

大豆に含まれているイソフラボンには、この女性ホルモンを補ってくれたり、バランスを整えてくれる働きがあります。
日本人の昔ながらの和食では、大豆製品がたくさん食べられてきました。
納豆や豆腐、お味噌やきなこ、油揚げなどなど、和食と大豆製品は切ってもきれない関係ですね。

昔の日本人の食生活の中には、この大豆製品がとても豊富にあったのですが、最近の欧米化した食生活では、なかなか大豆製品を摂ることも難しくなってきました。
ですから、和食中心の食事に切り替えることでカンタンにイソフラボンが豊富に摂れる食事になるのです。
ではイソフラボンの1日の摂取目安というものはあるのでしょか。

自然界にあるイソフラボンですから、過剰に摂取することで何か病気になってしまうことはありませんが、あまりにも極端な量を摂取することで、乳がんなどのリスクが高まると言われています。
ですが、大豆製品を毎日の食事の中で食べる分には、ある程度たくさん摂り過ぎたとしても大きな問題はないでしょう。
それよりも注意したいのは、サプリメントでイソフラボンを摂取する時です。

サプリメントでは、イソフラボンがカラダに吸収されやすくなっていますので、大豆製品よりもイソフラボンの効果が現れやすいのです。
イソフラボンが吸収されやすい形になっているサプリメントは、1日の摂取目安である30rを守るようにしましょう。

↓イソフラボンと相性の良い成分

Copyright(C) 2013 健康維持に欠かせない成分 All Rights Reserved.