更年期障害

骨の健康維持にイソフラボンは欠かせない

イソフラボンはフラボノイドの一種で、大豆と、さらに豆腐や納豆などの大豆製品に多く含まれています。
サプリメントなどでもお馴染みの成分で、世界中で注目を集めている成分でもあります。
イソフラボンがここまで注目されている理由は、女性ホルモンのエストロゲンと非常に似た働きがあるからなのです。
植物エストロゲンとも言われており、女性の健康に非常に役立ってくれます。

女性特有のさまざまな疾患に効果を発揮していくれるイソフラボンですが、良く知られているのは、更年期障害の症状の緩和や、骨粗しょう症の治療に、そして乳がんの予防などにも役立ってくれます。
女性は年齢を重ねることで骨が弱くなってしまい、骨粗しょう症の心配がでてくるのですが、この骨の健康と女性ホルモンには深い関わりがあるのですね。
では骨を丈夫に保つために、牛乳などをたくさん摂取していれば良いのではないか、と思われる方も多いかもしれませんが、カラダの中の女性ホルモンの量が少ない場合には、骨の中にあるカルシウムが溶け出してしまいやすくなるのです。

せっかく牛乳などでカルシウムをたくさん摂取しても、骨の中のカルシウムが溶け出してしまうのは、有効活用ができないのですね。
女性ホルモンの分泌量は年齢と共に減少するので、骨ももろくなりやすいのです。
ですから骨粗しょう症を予防するために、エストロゲンと似た作用のあるイソフラボンを摂ることはとても効果的なのです。

摂取することで骨の中のカルシウムが溶け出すのを防止できるようになるので、骨の密度を頑丈に保つことができるのです。
豆腐やお味噌などの大豆製品からイソフラボンを摂取することが出来ますが、カラダへの吸収力を考えれば、やはりサプリメントがオススメです。
カラダへ吸収されやすい形になっているので、イソフラボンサプリメントがより効果的にイソフラボンを摂ることができ、有効活用することが出来ます。
牛乳などでカルシウムを摂ると同時にイソフラボンのサプリメントを摂ることで、骨の健康が保てます。

↓毎日の食事からイソフラボンを摂取
 

Copyright(C) 2013 健康維持に欠かせない成分 All Rights Reserved.