更年期障害

イソフラボンの種類はどんな物がある?

豆腐や納豆、お味噌などの大豆製品にたくさん含まれているのがイソフラボンです。
アンチエイジングやバストアップなど、女性にとって嬉しい効果が期待されている成分ですが、一口にイソフラボンと言っても種類があります。
大きく分ければ2種類になります。

グリコシド型イソフラボンと、アグリコン型イソフラボンというものに分けることが出来ます。
まずグリコシド型ですが、これは豆腐や納豆、お味噌などの多くの大豆製品に含まれているものになります。
これらの大豆製品に含まれているグリコシド型は、糖がイソフラボンに結びついた状態のものです。

この糖は、食べ物としてカラダに吸収されると、胃液などの消化酵素から、イソフラボンを守る働きをするのです。
しかしこの糖が消化酵素から守ってしまうことで、消化されにくく、またカラダに吸収されにくい状態になってしまうのです。
カラダへ全くイソフラボンが吸収されないということではないのですが、この糖があるせいで、カラダに吸収されるまでに非常に時間がかかってしまうのです。

この守っている糖を、腸内にいる細菌が徐々に分解して、カラダに吸収される状態にしてくれるので、最終的にはカラダに吸収されるのですが、その分時間が長くかかってしまうというわけです。
このグリコシド型は、日本の食卓ではお馴染みの豆腐やお味噌などの大豆製品に含まれています。
もう一つのアグリコン型は、グリコシド型から糖がくっついていない状態のイソフラボンのことです。

糖と結合した状態のグリコシド型は、腸内細菌によって分解されることによってアグリコン型になり、そしてカラダに吸収されることになるのです。
このアグリコン型は、イソフラボンを守っている糖がもともと無いので、消化されやすく、カラダにもスムーズに吸収されるのです。
グリコシド型と、アグリコン型の違いは、糖とイソフラボンが結びついているかどうかの違いで、カラダへの吸収も左右されるということです。

Copyright(C) 2013 健康維持に欠かせない成分 All Rights Reserved.